"Safe Space"
S19E05.png
話数 シーズン19
エピソード5
制作番号 1905
初放送日 2015年10月21日
エピソード時系列
前話 次話
"You're Not Yelping" "Tweek x Craig"
エピソード一覧

"Safe Space"シーズン19の第5話。通算262話目に当たる。

あらすじ

SNSに上げた画像のせいで中傷されたカートマンは、批判的でないコメントだけを選別するように助けを求める。一方ランディホールフーズでしつこく寄付を求められ、辟易する。

脚本

カートマンは自分の肉体美を自慢する画像をSNSに投稿するが、ついたコメントは「デブ」などと批判的なものばかり。泣きながら誹謗中傷を受けたと校長に相談する。事態を重く見た校長はカイルウェンディバターズに中傷的なコメントを選別するよう、居残りをほのめかして協力を求める。しかしカイルとウェンディは居残りを選び、応じたのはバターズだけで、居残りになったら外出禁止になるのを恐れてのことだった。

一方ホールフーズではランディが恵まれない子供たちへの寄付を求められていた。レジ係はあの手この手で恥をかかせ、寄付をするよう圧力を加える。度重なる嫌がらせに折れたランディは1ドルだけ寄付するが、次はその少額さを晒し上げられ、すすり泣きながら店を後にするのだった。

学校では校長がスティーヴン・セガールを招き、デブいじりの講演を開く。校長は講演の礼にと、セガールの分まで検別するようバターズに強制する。ついにバターズは1人で膨大な量のコメントの検閲を抱え込むことになり、目にする誹謗中傷とミスも許されない仕事に消耗していく。

ランディは貧しい子供たちを映したCMを制作し、店舗内で恥をかかされなくて済む「セーフスペース」の確立を訴える。さらにランディ、カートマン、セガールらでミュージカルを作り、耳当たりのいい言葉だけを聞き、すり寄る「現実」から自分を守る「セーフスペース」をアピールする。しかし店ではランディらがまたもや恥をかかされてしまい、恥や屈辱のない世界を求めて「恥知らずのアメリカ(#shamelessamerica)」キャンペーンを展開する。このキャンペーンのおかげで、ついにランディはレジ係に対抗することに成功する。

検閲に明け暮れるバターズは、悪意あるコメントと睡眠不足から「現実」に襲われる幻覚を見始め、とうとう発狂して幻覚相手に全裸で学校中を逃げ回る。カイルが説得するも、追い込まれたバターズは逃げ場を失い、窓から身を投げる。所は変わり、ランディの資金集めパーティに「現実」が闖入し、恥と現実と自己満足について説教して、そのために犠牲者が出ていることを伝える。重傷で入院しているバターズを目にし、校長やランディらは1人に負荷をかけすぎたと反省する。これを受け、ランディらは恵まれない子供たちにiPadを提供してコメントを検閲させることで、寄付とセーフスペースを両立させる。一方で捕らえられた「現実」は、退院したバターズによって絞首刑にされ、観衆は歓喜の声を上げるのだった。

  1905: "Safe Space"
エピソードの要素

ヴィン・ディーゼル現実(キャラクター)スティーヴン・セガールツイッターデミ・ロヴァートホールフーズ・マーケット • "In My Safe Space" • "Amazing Grace" • "Got To Be Real" • #恥知らずのアメリカ

ナビゲーション

一般トリビア画像台本視聴する

発行物

South Park: The Complete Nineteenth Season

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。