Fandom



概要 編集

現在のサウスパーク小の校長。

ビクトリア校長がウェンディに暴力をすすめたため解任されてから新しく任命された。P.C.の名のとおり差別的な言葉や特定の人間を名指しで批判すると誰であろうと攻撃して発言を取り消すことを求める。とくにレズリーには厳しく友達としゃべるだけで𠮟り、レズリーが広告であることを知った際には頭を貫いて殺している。また、ギャリソン先生がカナダ人学生に差別的発言をした際に解任させた。″差別″と″区別″の違いの曖昧さのせいで、カートマンをボコしたこともあり、カートマンを従順させた数少ない大人の一人。

PCΔという団体のリーダーであり、P.C.に反抗的な人間に暴力を加える。といってもペニスの落書きや豚を何頭も部屋に入れたり(しかしカイルはユダヤ教徒のため非コーシャ動物を嫌がらせに使っているためPCΔは反ユダヤ主義団体と推測できる)髪形を変えたりする程度の嫌がらせである。

住民がホールフーズを町に建てるためホールフーズの役員に町の様子を尋ねられたところ、「頑固な連中を追い出したから少しはましな町になった」といった。

テキサスA&M大学を卒業している。

犯罪歴編集

P.C.校長 、シーズン19のこれまでのところの短い隆起にいくつかの犯罪を既に犯しているが、そのうちのいくつかはデビューエピソードでしかない。

  • ハージング:PC Deltaの兄弟姉妹は、熱い金属(例えば、[ランディー・マーシュ])を使った宣誓書などの典型的な兄弟嫌い行為に従事しています。多くの州ではこの行動を禁止する法律があります。彼はこの兄弟姉妹を担当しているので、この行動を防ぐために責任が彼にあるため、彼は暴力に対して刑事責任を負います。
  • アサルトとバッテリー:彼は悪質に カートマンを打ち負かす(「スポークスパーソン」ではなく)「スポークスマン」という用語を主に使用していたため、一時的にバスルーム内で死に至りました。その結果、カートマンは一時的にHells Pass Hospitalで入院しました。
  • 暴行/盗難/間接憎悪犯罪:彼の睡眠中にカイルを嫌う仲間の仲間を養子にし、彼の部屋の中でユダヤ人の遺産に怒っていて嫌な動物たちを去った。 P.C.校長が非公式の動物を使ってカイルを侮辱してケイトリン・ジェナーを侮辱したという事実は、その可能性P.C.校長が反ユダヤ主義であることを意味します。カイルはまた、剃られた髪と彼の顔に描かれたペニスで目を覚ます。
  • 児童労働/強制労働: 'Safe space'では、彼 バターズを強制するさまざまな人々のソーシャルメディアアカウントをフィルタリングして、否定性やシャーミングのコメントを取り除くことができます。関係する仕事の量は彼に自殺させた。彼の自殺企画は失敗したが、シーズン19のすべてのエピソードに現れる怪我をもたらした。バターズがこれを行うことを後悔したが、ランディー・マーシュはさらに悪い解決策を思いつきました。解決策は、アフリカの子供たちを飢えさせて同じことをする。

外見 編集

サウスのなかでは(実在しない人物において)珍しく体つきがしっかりしている。ほかのP.C.の連中と同じく、よくスポーツサングラスをつけている。

P.C.とは 編集

「P.C.」とは「ポリティカル・コレクトネス」のことで、社会的に公平、中立で、差別や偏見のない言葉や、そのような運動を指す。サウスパークではシーズン19から、ほぼ自虐的にこの話題を取り上げている。

フィーチャーエピソード 編集

  • Stunning and Brave (s19e01; 出初め)
  • Where My Country Gone? (s19e02)
  • The City Part of Town (s19e03)
  • Safe Space (s19e05)
  • Tweek x Craig (s19e06)
  • Naughty Ninjas (s19e07)
  • Sponsored Content (s19e08)
  • Truth and Advertising (s19e09; 頻繁に参照される)
  • PC Principal Final Justice (s19e10)
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。